プレタロウ

安心と信頼の「メーカー直仕入」

電話
0948-88-2146
お気軽にお問い合わせください
お問合せ


① 床パネル裏面の排水口に排水エルボを取り付けます。

・ 水漏れしないようコーキング等処理をしてください。
・ パネルの周りに溝がある方を下にして下さい。
・ パネルはダンボールやビニールシートの上に置いて作業をして下さい。
 パネルに傷がつく恐れがあります。

 
② 床パネルを並べて締め金具をハンマーで打ち付けます。

・ パネルをつなぐ時、面を合わせ締め金具を寸法に気をつけて仮止めして下さい。
 本締めをすると、基礎穴とパネル穴が合わなくなる恐れがあります。
※パネルに傷をつける恐れがありますので、パネルとハンマーの間に敷物を敷いて下さい。

 
③ 床パネルに木台基礎をボルトで取り付けます。

・ 床パネルに基礎(木台)を取付ける前に、水平器等で基礎の水平を見て下さい。
・ 床部水平レベル調整は据付位置に基礎(木台)を置き、水平器等で水平を見て下さい。
・ 隙間のある場所はライナー等で調整し水平を取って下さい。
 水平を取らないと、排水が流れない恐れがあります。
・ ライナー等の間隔は450mmピッチで入れて下さい。
・ 土間と基礎の隙間が広い場合は、ライナー等の間隔を300mmピッチで入れて下さい。
・ 水平調整が完了したらライナー等を基礎(木台)に固定して下さい。
・ 基礎を固定後、床パネルの締め金具を本締めにして下さい(②を参照)

 
④ 床パネルを設置場所に置きます。

・ 隙間がある場合はライナー等で補強して下さい。
・ 重量物のため、床パネルの持ち運びにはご注意下さい。

 
⑤ 床パネルにコーナーパネルを取付けます。

・ パネルの溝にコーキング剤を塗って下さい。
・ コーナーパネルを立て終えたら、下部ボルトを仮止め又は本締めして下さい。
 倒壊の恐れがあります。

 
⑥ 次に壁パネルを取付けます。

・ パネルの溝にコーキング剤を塗って下さい。
・ コーナー及び壁パネル・ドアパネルを締め金具で仮止めして下さい。
 パネル間の隙間と均一にする為に最後に調整して下さい。
・ 壁パネルを立て終えたら、下部ボルトを仮止め又は本締めにして下さい。
 倒壊の恐れがあります。
※パネルとハンマーの間に敷物を敷いて下さい。
 パネルに傷がつく恐れがあります
※コーナーを基準に、奥から交互に立てて下さい。

 
⑦ 順番に組立て、最後にコーナーパネルを取付けます。

・ 壁パネルの締め金具を本締めにして下さい。
・ 壁パネルを立て終えたら、下部ボルトを本締めして下さい。
 倒壊の恐れがあります。

 
⑧ 壁面が終わりましたら天井パネルを取付けます。

・ 天井パネルを締め金具及びボルトで固定して下さい。
※重量がありますので、持ち上げる際は十分注意して下さい。
※天井に上がる際は、転倒防止処置をし転落しないようにご注意下さい。
※上から工具などを落とさないようにご注意下さい。

 
⑨天井パネルの取付け穴にユニットを取付けます。

・ ユニットの冷気吹き出し方向を確認の上、ユニットを取付けて下さい。
・ ユニットの取付け中は、絶対に電源を入れないで下さい。
 感電や思わぬ事故の恐れがあります。

 
⑩本体の組立てが終わりましたら付属品を取付けましょう

・ 庫内灯、庫内灯スイッチを取付けて下さい。 ※取付け中は、絶対に電源を入れないで下さい。
 感電や思わぬ事故の恐れがあります。(※0.5坪に庫内灯は付属していません)
・ 庫内にスノコを敷いて下さい。

●ご使用の前に、下記内容をよくお読み下さい。
 
据付工事はお買い上げの販売店、又は専門業者に依頼して下さい。
尚、お客様の据付工事による製品不良はご了承下さい。
 
据付工事は強度が十分で平らな所に水平になるよう設置して下さい。アスファルトなど土間が軟弱であったり、傾斜・凸凹があると、本体の傾き・転倒・水漏れの原因になります。
 
屋外で使用されますと、倒壊・漏水・漏電・感電事故の原因になります。
又、直射日光を避け、雨の当たらない所に設置して下さい。
雨水のかかる場所で使用すると、漏電・感電の原因になります。
 
可燃性ガスの漏れる恐れのある場所への設置は行わないで下さい。万一ガスが漏れて本体の周囲に溜まると火災の原因になる事があります。
 
揮発性・引火性のある薬品及び類似品(例えばベンジン・エーテル・接着剤・LPG・その他引火性のある物質など)は絶対に庫内に入れないで下さい。引火・爆発する危険があります。
 
電気工事は、「電気設備に関する技術基準」「内線規定」及び、「据付説明書」に従って施工し、必ず専用回路にして下さい。(アース工事は必ず行って下さい)
 
パネルの移設・増設は、お買い上げの販売店または専門業者にご相談下さい。
工事に不備があると施工不良・感電・火災などの原因になります。
 
法的な規制もありますので、専門業者にご相談下さい。
 
●作業上のご注意
 
必ず二人以上で作業をして下さい。
重量があるため、怪我の原因になります。
 
安全上の処置及び最善の注意をはらって作業をして下さい。
思わぬ怪我の原因になります。
万が一、怪我などをされても当社は一切の責任をおいかねますのでご了承下さい。
 
●おことわり
 
製品の改良・変更・型式により、写真と記載内容が一部異なることがあります。
 
据付工事における一切の責任はおいかねますのでご了承下さい